資本所得が労働所得を超えるには

一年単位、金額は万単位で考える

資本家側は労働取得がなく、労働者は資本所得がないものとする

 

w:労働所得

c:資本

r:資本利益率

t:労働所得に対する税率

d:資本所得に対する税率(0.2で固定)

 

式は

c*r*(1-d) > w*(1-t)

 

ケース①:w=600, t = 0.2

式を整理して c*r > 600

r = 0.01なら c = 60000

r = 0.05なら c = 12000

r = 0.10なら c = 6000

 

ケース②:w=900, t = 0.25

式を整理して  c*r > 843

r = 0.01なら c = 84300

r = 0.05なら c = 16860

r = 0.10なら c = 8430

 

ケース③:w=300, t = 0.15

式を整理して  c*r > 318

r = 0.01なら c = 31800

r = 0.05なら c = 6360

r = 0.10なら c = 3180

 

 

ケース④:w=100, t = 0

式を整理して  c*r > 125

r = 0.01なら c = 12500

r = 0.05なら c = 2500

r = 0.10なら c = 1250